定年世代のリフォーム


60歳~75歳くらいの世代のお客様には、床の高さと温度のバリアフリーをお薦めしていますが、「私は今後10年くらいしかこの家に住まないと思うから、そんなにお金をかけられないな~」と仰るお客様があります。

この話を紐解くと、子供さんは独立して既に所帯を持っており、帰ってくる見込みが無いので無駄になると言う場合が大半です。

そんな時は、

① 住みやすい暖かい家にする事で健康寿命が延び、病院へ行く頻度も医療費も減る事。

人の手を煩わせずに生活できるので、必然的にその家に長く住める事。

② 孫にとっても居心地の良い家になる事。

そうすると、孫が頻繁に訪れてくれる様になり、場合によっては、将来この家に住んでくれるかも知れない。

自分の健康と孫の笑顔はプライスレスです。


高齢者の為のトイレ

 トイレで用を足す事は、人間としての尊厳の大きな部分を占めています。  しかし、…

家の最大の弱点は窓

 ゼロエネルギーハウス(宅内で消費されるエネルギーが、発電されるエネルギーより…

減築の勧め2!

 先月、減築が如何にメリットがあるかという話を書きました。実際に減築の設計を進…

終の棲家は快適に!

   昨年の2月にリフォームしたお客様と、日帰り旅行をしました。  築19年の木…

減築の勧め

 住居の大きさは家族構成に縛られるものですが、長く暮らしている間に、家族の増減…


Copyright © 2020 あったかリフォーム【断熱工房・四日市】~小黒硝子店装(株)【三重県四日市市】. All Rights Reserved.