家の最大の弱点は窓


 ゼロエネルギーハウス(宅内で消費されるエネルギーが、発電されるエネルギーよりも小さい家)の大きな要件は以下の3点です。

 1.壁・床・天井・窓など、外気と接する部分(外皮)の断熱性を上げて、熱の漏れを防ぐ。

 2.冷暖房・照明・給湯などの設備を省エネタイプの物を選択する。

 3.太陽光発電などの新エネを充実させる。

 断熱性の向上で最も難しいのが、窓。採光が出来、換気が出来、透視できないといけないから。真空硝子と低放射硝子のペアガラスは、厚さ50ミリのグラスウールと同等の断熱性を確保できるようになりました。樹脂製や、木製のサッシを使用すれば、その性能を保持できます。(残念ながら、アルミサッシの断熱性最悪で、アルミのスプーンを使うと手の熱でアイスが溶けるほどです)


床板の向こう側!

 床下は、重力が床板と離れる方向に働くので、グラスウールのような腰の弱い材料は…

省エネ補助金始まりました

 経済産業書の予算で『住宅省エネリノベーション促進事業』がスタートしました。  …

自然は敵?味方?

 九州では地震、東北北海道では台風による水害、大変な被害を受けて犠牲者も多数出…

省エネ住宅ポイント

 省エネ住宅ポイント制度がスタートしてから、もう既に半年になろうとしています。…

省エネ住宅と健康の関わり

 冬の暖房を開放型燃焼機器(ストーブやファンヒーター)に頼っていると、燃焼によ…


Copyright © 2022 あったかリフォーム【断熱工房・四日市】~小黒硝子店装(株)【三重県四日市市】. All Rights Reserved.