高断熱を突き詰めると


 家の断熱性をヨーロッパ並みに向上させるといろんなメリットが出てきます。屋外と室内の熱の出入りが極端に小さくなるので、夏の冷房や冬の暖房が概念から変わってきます。

 冬期は床暖房を低温運転させる事で、温度低下を埋める分だけ加熱するだけなので、天井付近の温度も無駄に上がることなく、ほんの僅かな光熱費で済みます。

 夏期の冷房も、屋外の打ち水を併用すれば、ほんの僅かなエネルギーで賄えます。


春と秋が無くなる?

 ようやく寒さが遠ざかったと思ったら、もう汗ばむ日が続きます。  元来日本には四…

省エネ住宅ポイント<2>

 省エネ住宅ポイントの消化状態がようやく50%を越えたとの情報がありますが、今ま…

幸せな人生の幕引きを求めて

 死ぬ直前まで”ピンピン元気”で暮らす為に、高断熱な暖かい家に住むのが良いと結論…

高齢者の為のトイレ

 トイレで用を足す事は、人間としての尊厳の大きな部分を占めています。  しかし、…

人生の最終楽章を選ぶ!

 人生を交響曲に例えると、誕生から大人に成長するまでが第一楽章。社会人となり家…


Copyright © 2021 あったかリフォーム【断熱工房・四日市】~小黒硝子店装(株)【三重県四日市市】. All Rights Reserved.