高断熱を突き詰めると


 家の断熱性をヨーロッパ並みに向上させるといろんなメリットが出てきます。屋外と室内の熱の出入りが極端に小さくなるので、夏の冷房や冬の暖房が概念から変わってきます。

 冬期は床暖房を低温運転させる事で、温度低下を埋める分だけ加熱するだけなので、天井付近の温度も無駄に上がることなく、ほんの僅かな光熱費で済みます。

 夏期の冷房も、屋外の打ち水を併用すれば、ほんの僅かなエネルギーで賄えます。


ピンピンころりな相談会を開催

 四日市市大井手2丁目の小黒硝子店装株式会社は2月11日午前10時から午後3時まで、同…

どうして窓はアルミなの!

 50年前まで、木造住宅の窓は木製でした。  今日一般的なアルミサッシは非常に熱を…

定年世代のリフォーム

60歳~75歳くらいの世代のお客様には、床の高さと温度のバリアフリーをお薦めし…

天井の向こう側!

 天井の向こう側には何がある?天井の向こうは天井裏。昭和の建物だと何にもない家…

床板の向こう側!

 床下は、重力が床板と離れる方向に働くので、グラスウールのような腰の弱い材料は…


Copyright © 2021 あったかリフォーム【断熱工房・四日市】~小黒硝子店装(株)【三重県四日市市】. All Rights Reserved.