終の棲家は地球に優しく


 
 現在進行中の木造2階建ての新築現場、地球との共棲を目指した住宅です。

 自然に対して迷惑を掛けない範囲で、自然から得られる物は極力使わせて頂こうという欲張りな家。

 太陽光発電や、太陽熱温水機器等の採用は、当たり前。太陽の光を集めて、そのまま照明にも利用します。

 トイレの水を流す為に、飲料用の綺麗な水を使う必要が何処にあるんだろうか?庭の水撒きも然りです。一般的には雨水利用をするのですが、今回の敷地は地下水位が非常に高く、道路面から1メートルも掘れば地下水が出てきます。地下水は年間を通じて温度変化が小さいので、夏場は冷却にも利用したい。


自然は敵?味方?

 九州では地震、東北北海道では台風による水害、大変な被害を受けて犠牲者も多数出…

省エネ住宅ポイント

 省エネ住宅ポイント制度がスタートしてから、もう既に半年になろうとしています。…

実験してみたら、やっぱり

 東京都健康長寿医療センター研究所などの調査によると、70年代に建てられた集合…

水は天下の廻り物

 河川の流域近くは伏流水が流れているため、地下水位がかなり高い位置にあります。…

省エネ補助金始まりました

 経済産業書の予算で『住宅省エネリノベーション促進事業』がスタートしました。  …


Copyright © 2021 あったかリフォーム【断熱工房・四日市】~小黒硝子店装(株)【三重県四日市市】. All Rights Reserved.