春と秋が無くなる?


 ようやく寒さが遠ざかったと思ったら、もう汗ばむ日が続きます。

 元来日本には四季があり(風情のあった時代には、梅雨と秋霖を加えて六季だった)、春や秋は清々しい季節でした。ところが現代は、春と秋が極端に短くなり、四季ではなく二季に近付いているとか。

 夏と冬が長くなると言うことは、空調のお世話になる日数が増えるということです。今まで以上に、断熱性能が要求されます。それに併せて、国や自治体から断熱・省エネの助成が増えてきています。

 この地域は夏の冷房負荷に比べて冬の暖房負荷が圧倒的に大きいので、暖房の熱を逃がさない配慮が大変重要です。窓や天井の断熱は、比較的安価に出来るので、補助金のある今、検討されては如何ですか?お気軽にご相談下さい。


自然は敵?味方?

 九州では地震、東北北海道では台風による水害、大変な被害を受けて犠牲者も多数出…

ゼロエネルギーハウス

 経済産業省が進めている『ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス』と言う概念がありま…

私達の本当の幸せとは?

 毎朝布団が恋しいですか?家の中が暖かいと、真冬でも布団が恋しくなりません。  …

高断熱を突き詰めると

 家の断熱性をヨーロッパ並みに向上させるといろんなメリットが出てきます。屋外と…

人生の最終楽章を選ぶ!

 人生を交響曲に例えると、誕生から大人に成長するまでが第一楽章。社会人となり家…


Copyright © 2022 あったかリフォーム【断熱工房・四日市】~小黒硝子店装(株)【三重県四日市市】. All Rights Reserved.