春と秋が無くなる?


 ようやく寒さが遠ざかったと思ったら、もう汗ばむ日が続きます。

 元来日本には四季があり(風情のあった時代には、梅雨と秋霖を加えて六季だった)、春や秋は清々しい季節でした。ところが現代は、春と秋が極端に短くなり、四季ではなく二季に近付いているとか。

 夏と冬が長くなると言うことは、空調のお世話になる日数が増えるということです。今まで以上に、断熱性能が要求されます。それに併せて、国や自治体から断熱・省エネの助成が増えてきています。

 この地域は夏の冷房負荷に比べて冬の暖房負荷が圧倒的に大きいので、暖房の熱を逃がさない配慮が大変重要です。窓や天井の断熱は、比較的安価に出来るので、補助金のある今、検討されては如何ですか?お気軽にご相談下さい。


高齢者の為のトイレ

 トイレで用を足す事は、人間としての尊厳の大きな部分を占めています。  しかし、…

省エネ住宅と健康の関わり

 冬の暖房を開放型燃焼機器(ストーブやファンヒーター)に頼っていると、燃焼によ…

終の棲家は地球に優しく

   現在進行中の木造2階建ての新築現場、地球との共棲を目指した住宅です。  自然…

窓の省エネ方法!

 窓の省エネは、内窓の新設が最も効果的であると以前書きました。しかし、古くなっ…

どうして窓はアルミなの!

 50年前まで、木造住宅の窓は木製でした。  今日一般的なアルミサッシは非常に熱を…


Copyright © 2020 あったかリフォーム【断熱工房・四日市】~小黒硝子店装(株)【三重県四日市市】. All Rights Reserved.