床板の向こう側!


 床下は、重力が床板と離れる方向に働くので、グラスウールのような腰の弱い材料は不向きです。自重に耐えられるという意味で、最近は、発泡系の断熱材がほとんどです。床下は換気の為に絶えず外気が入るように作られているので床下断熱が十分でないと、人間が触れている部分が絶えず冷気に曝されている事になります。床下の断熱が如何に重要か?朝起きて床板が冷たいと感じる場合はおそらく断熱が足りてないという事です。

 冷たくても心配ご無用、床下に入る事ができれば、後からでも工事する事はできます。床下断熱材も、住宅省エネポイントの対象製品です。


水は天下の廻り物

 河川の流域近くは伏流水が流れているため、地下水位がかなり高い位置にあります。…

省エネ住宅ポイント<2>

 省エネ住宅ポイントの消化状態がようやく50%を越えたとの情報がありますが、今ま…

終の棲家は地球に優しく

   現在進行中の木造2階建ての新築現場、地球との共棲を目指した住宅です。  自然…

省エネ住宅と健康の関わり

 冬の暖房を開放型燃焼機器(ストーブやファンヒーター)に頼っていると、燃焼によ…

省エネ補助金始まりました

 経済産業書の予算で『住宅省エネリノベーション促進事業』がスタートしました。  …


Copyright © 2021 あったかリフォーム【断熱工房・四日市】~小黒硝子店装(株)【三重県四日市市】. All Rights Reserved.